さつきスタイ

スタイの型紙と作り方のサイト

【吐き戻し対策スタイ】型紙と作り方!首が座るまではこれ!

f:id:Satsuki_bib:20181107152442j:plain

うちの子は首が座るまでの生後0~3ヵ月の間、吐き戻しやヨダレ拭きや母乳ガードとして、ガーゼを胸にポンとよく置いていました・・・。

f:id:Satsuki_bib:20181107142713j:plain

こう振り返ってみると・・・なんという写真写りの悪さ!

  

ということで・・・、「スタイデビュー!?ねんね期専用スタイ」を考えてみました。

f:id:Satsuki_bib:20181107152547j:plainおおお!折りたたんだガーゼより断然可愛い!

 

スナップボタンなしです。置くだけ♪ なので簡単に取り替えられます♪

重さは7~8gでガーゼ1枚と同じ軽さです。(服は60~70サイズ)

 

作ったものの実際に使ったことはないので、使用感は不明です(笑)作られた方は感想をぜひお願いします!!

【着用イメージ】

スタイクリップを使えば大きくなっても使えます!

f:id:Satsuki_bib:20181112154705j:plain

このクリップは100均の帽子クリップです。

【型紙】

印刷方法:家のプリンターで印刷する場合
※倍率設定をいじれば好きなサイズに印刷できます。

f:id:Satsuki_bib:20181107153021j:plain

【型紙pdf版】

こちらをクリックすると開きます。

【作り方】

f:id:Satsuki_bib:20181107145437j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181107145443j:plain

1.型紙を印刷します。印刷した紙の1cm目盛りが1cmになっているか定規をあてて確認してくださいね。縫い代込みの線(外側の線)で切ります。型紙が2つ置けるくらいの生地を用意します。

2.生地を縦半分に中表に折ります。(短辺の方が縦です。)

 

f:id:Satsuki_bib:20181107145446j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181107145449j:plain

3.型紙を置き布ペンで形を写します。

4.生地を2枚同時に切ります。

(もし吸収力の高いスタイを作りたい場合は、ドミット芯やガーゼやタオル地を挟むと良いです。この工程で2枚重ねてある生地の一番下に重ねてください。)

 

f:id:Satsuki_bib:20181107145455j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181107145459j:plain

4.マチ針を留めます。

5.できあがり線(内側の線)のところを縫います。返し口を5cm程度開けておいてください。顔から遠いところの中心辺りが良いと思います。

(私はミシンの目盛りを使って端1㎝のところを縫いました。目盛りがない場合は自分で測ってテープを貼ると目印になります。ステッチ定規・マグネット定規という便利グッズもあります。)

 

f:id:Satsuki_bib:20181107145502j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181107145505j:plain

6.出来上がり線のカーブのところの縫い代に切り込みを入れます。縫ったところを切らないように1㎜ほど離れたところを切ります。アイロンで縫い代を割ります。(布と布の間の縫い目をアイロンで押さえて縫い代を左右に開きます。)綺麗にひっくり返すコツです。

7.返し口からひっくり返してアイロンで形を整えます。返し口をマチ針で仮止めして、コの字縫いで閉じます。完成です。

お疲れさまでした!上手にできたらSNSなどにぜひ写真をアップしてください♪ 一言さつきスタイを紹介してもらえると嬉しいです!

【アレンジ例】

・低月齢ちゃん向きなので、生地の柄は親の趣味全開で!

・周囲をぐるりと縫って補強。

・女の子向けにもくもくバージョン作りました。