さつきスタイ

赤ちゃんのスタイの型紙と作り方を無料で公開しています。手作りしよう!おしゃれで個性的なスタイ!

バイカラースタイ|型紙と作り方あり!4種類の布でリバーシブルにしてみた!

f:id:Satsuki_bib:20181125064646j:plain

 

 

生地の切り替えがある、バイカラースタイです。

ツートーンカラーとも言うのかな。

 

上は無地・下が柄物、の組み合わせが合わせやすいかと。

 

2つスタイがあるように見えますね!

f:id:Satsuki_bib:20181125064738j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181125064735j:plain

 

表面は2種類の生地を繋いで、裏面は1種類で作ってももOKですし、

今回作ったみたいに4種類の布を用意して作ってみるのも面白いですよ。

 

 

 

 

【着用イメージ】

f:id:Satsuki_bib:20181128005957j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181128005954j:plain

 

 

 

【型紙】

画像をクリック→右クリック「名前を付けて画像を保存」してA4等倍印刷。

印刷した紙の1cm目盛りが1cmになっているか定規をあてて確認してくださいね。

f:id:Satsuki_bib:20181122221318j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221309j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221328j:plain

 

【型紙pdf版】

こちらをクリックすると開きます。

 

 

【作り方】

f:id:Satsuki_bib:20181122221646j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221653j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221657j:plain

1.型紙を印刷します。右の2枚は生地を切り替える用で、左のはスタイの中に挟むドミット芯用or裏面を1種類の布で作るとき用です。

2.まず切り替え下パーツから作っていきます。型紙より一回り大きいくらいの生地を用意します。

3.生地の裏面に型紙の線をトレースします。縫い代込みの線と出来上がり線の両方。今回はチャコペーパーとルレットを使いました。持っていない場合は、型紙の余白部分を切り取って、布ペンを使って写してください。2枚同時に写しました。(上から見たとき、下から順に、チャコペーパーインク面・生地表・チャコペーパーインク面・生地表・型紙)

 

f:id:Satsuki_bib:20181122221701j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221704j:plain

4.写りました。

5.縫い代込みの線(外側の線)のところの生地をカットします。

 

f:id:Satsuki_bib:20181122221708j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221712j:plain

6.次に切り替え上パーツを作ります。下パーツと同様に生地を用意します。

7.型紙の線を写します。型紙が半分なので、生地を半分に折って両面チャコペーパーを使うと良いです。私は持ってないので片面チャコペーパーを2枚重ねて使いました。

 

f:id:Satsuki_bib:20181122221715j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221719j:plain

8.下パーツと同様に生地を切ります。

9.上パーツと下パーツを中表に合わせます。写真を参考に~。

 

f:id:Satsuki_bib:20181122221722j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221728j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221734j:plain

10.縫います。

11.アイロンで縫い代を割ります。(布と布の間の縫い目をアイロンで押さえて縫い代を左右に開きます。)

12.縫い代込みの線(外側の線)からはみ出た部分をカットします。(型紙の時点ではみ出さないように作っても良かったけれどめんどうだった。)

※ここで表に返して、切り替え部分をステッチして強度をあげてもOK。

 

f:id:Satsuki_bib:20181122221738j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221747j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221752j:plain

13.ドミット芯を1枚切り出します。これはスタイの中身です。吸収力アップさせるために挟みます。ドミット芯でなくてもガーゼ地でもOK。薄くてもいいなら挟まなくてもOK。

14.ドミット芯の上に生地を中表にして2枚重ねて置きます。一番上に線を写した生地を持ってきてください。マチ針を留めます。

15.できあがり線(内側の線)のところを縫います。返し口を5cm程度開けておいてください。直線に近い部分を開けておきました。

 

f:id:Satsuki_bib:20181122221758j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221805j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181122221810j:plain

16.出来上がり線のカーブのところの縫い代に切り込みを入れます。縫ったところを切らないように1㎜ほど離れたところを切ります。カーブのきついところほどV字になるように切ります。

17.アイロンで縫い代を割ります。

18.返し口からひっくり返します。返し口をマチ針で仮止めして、コの字縫いで閉じます。最後にスナップボタンをつけます。完成です。

 

 

【好きな位置で切り替える方法】

2枚の生地のバランスをもっと自分好みにしたいという方へ。

f:id:Satsuki_bib:20181125070701j:plain

  1. 出来上がりの型紙を用意します。
  2. 切り替えたいところで線を引きます。
  3. 分割します。
  4. それぞれに縫い代をつけます。1cmでいいでしょう。
  5. 縫い代に直角になるよう線を伸ばす。完成。(赤い出来上がり線のところで折って透かして下の線をなぞるとより丁寧。)

 

この方法で自分の好きな部分で2分割、3分割・・・できますね。

 

切り替える部分が多かったり、切り替え部分が大体の場所でいい方は、布が四角の時点で切り替えておいて、あとは普通にスタイを作ると楽です。

例↓

www.satsuki-bib.com

 

 

【生地】 

 

 

【アレンジ例】

  • レースはさむ。
  • 下パーツだけもくもくさせてみる。
  • 下パーツをポケットに見たてて、切り替え部分に動物の上半身入れたりとか。
   持ってる刺繍本→