さつきスタイ

赤ちゃんのスタイの型紙と作り方を無料で公開しています。手作りしよう!おしゃれで個性的なスタイ!

ドーナツスタイの型紙と作り方

f:id:Satsuki_bib:20190301220501j:plain

型紙を再再改良しました。型紙は最新のもの。作り方は前のものです。4月中に新しいものに書き換える予定です。

 

 

くるくる回っても大丈夫なドーナツスタイって便利そう!

でも、お店ではあまり見かけませんよね?

 

ということで、

ドーナツスタイ型紙作り方を公開します。

作り方は初心者さん向けに丁寧に解説しました。

スタイの中で一番作りやすい形なので本当オススメ。1時間以内にできるし、とりあえずチャレンジしてみるのに最適かと。

 

以前の記事は引っ越しました→ドーナツスタイの角度検証レポ、製図方法 - さつきスタイ

他サイトのドーナツスタイ→まんまるスタイの型紙まとめ!そして比較! - さつきスタイ

 

 

【ドーナツスタイ完成形】

首回り30.6㎝。

(全体的な襟ぐりは33.6㎝で、重なる部分3㎝を引いたもの。スタイを丸めたときにできる輪っかが30.6㎝です。)

※型紙を印刷するときに倍率を変更すれば好きなサイズに作れます。

 

幅は7~13㎝の中から1㎝刻みで選べます。下の写真は試作品なので8.5㎝ですが。

f:id:Satsuki_bib:20190208121555j:plain

80サイズの服と合わせてこんな感じ。

 

f:id:Satsuki_bib:20190301063918j:plain

2歳男児大きめの子がつけるとこんな感じ。服は95サイズ

中にドミット芯を入れているのでハリが出てエリマキトカゲみたいになっていますが、使い込んでいくとくたっとしてきて、もっと体に沿うと思います。ドミット芯ではなく、ガーゼを挟んだり、芯なしで作ると最初から柔らかい感じに作れるかと。 

 

【型紙】

※パソコンかスマホがあれば、プリンターを持っていなくてもコンビニで印刷できます。印刷環境がない場合は、こちら製図方法を載せていますので紙・鉛筆・コンパス・定規を用意して型紙を作ってください。

 

jpg版

画像をクリック→右クリック「名前を付けて画像を保存」してA4印刷。

倍率100で首回り30.5cmです。自分の赤ちゃんにぴったりサイズに作る場合は、希望の首回り÷30.5で出た数字を倍率設定して印刷してください。

f:id:Satsuki_bib:20190415061959j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190415062008j:plain

このスタイは左右対称です。左右対称のものを作るときに、生地を半分に折って切るタイプの方は型紙を1枚ずつ印刷したんで大丈夫です。生地を折らずに作る方は左右反転コピーして計4枚で作ってください。

 

pdf版

こちらをクリックすると開きます。

 

 

【材料・道具・下準備】

材料 ※幅8㎝の場合

f:id:Satsuki_bib:20190402054138j:plain

  • 生地30×30㎝を2枚。ダブルガーゼがおすすめ。パイル地(タオル生地)でもワッフルでもお好みで。
  • スタイの中に挟む生地30×30㎝を1枚。今回私が使用したのはDAISOドミット芯です。ダブルガーゼでもタオルでもフランネルでも常識的な布なら何でもOKかと。よだれが少なくてペラペラでもいいなら挟まなくてもよい。
  • スナップボタン。プラでも金属でも、マジックテープでも紐でもOK。金属スナップとマジックテープは100均にもあります。
  • 糸。生地に近い色のものを選ぶ。柄物の場合は一番多く使われている色で。実際に布の上に糸を置いて雰囲気を確かめるといい。あえて違う色でもいいし、あまりこだわらなくても目立たないから大丈夫です!100均のは切れやすいので手芸店で買う方が吉。

ちなみに私が使った生地はこちら。

こちらのお店は私が一番好きな布屋さんです。おしゃれなダブルガーゼが豊富で、ここでしか買えないものがあるので。

 

最低限の道具
  • 針。100均でもOK。
  • マチ針orクリップ。100均でもOK。
  • 布ペン(もしくはチャコペーパー&ルレット)。100均でもOK。なくても作れるは作れるけど難しいので、ここを読んでいるそこのあなたは用意しましょう。
  • 裁ちばさみorロータリーカッター。切れ味が良いと重ねて切れるので綺麗に短い制作時間で作れます。

ちなみに私が使っているハサミはこちら。文句なしの切れ味。

 

+αな道具

綺麗に作ろうと思ったらアイロンアイロン台ミシン重し(スマホとか家にあるもので代用可)が必要。

一番必要なのは広い作業スペースかも。(大真面目に)

 

 下準備

生地は大体の方が綿を使うのではないでしょうか。ダブルガーゼだったら綿です。綿は洗うと収縮する性質があるので、水通し・地直しをしておいてください。「水に濡らして乾かして1度布を縮ませておいてから作りましょう」という話です。詳しいやり方は自分で調べてね。 

 

 

【作り方】

作り始める前にざーっと読んで、流れを頭に入れておくと作りやすいです。

(丁寧に解説したら長くなったのでPCから見ることをオススメします。スマホからでもPC画面verに設定したら見やすいです。→スマホでPC版のウェブサイトを見る方法

 

今回は幅9㎝のスタイを作っていきます。

 

型紙を用意。ドーナツスタイの構造を解説しとくね。

f:id:Satsuki_bib:20190301122303j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301123312j:plain

1.型紙を等倍(倍率100)で印刷します。定規をあてて、型紙の目盛りが定規の目盛りと合うかを確認します。合っていれば倍率100で印刷できている証拠です。自分の赤ちゃん用にぴったり作る場合は、希望の首回り÷30.5で出た数字を倍率にして印刷してください。

型紙を10㎝の目盛りの線で切ります。型紙は左右対称なので半分の形をしています。

2.出来上がりイメージはこんな感じ。出来上がり線を糸で縫って、縫い代が内側向けて収まっている感じです。

 

型紙の線を生地に写します。

f:id:Satsuki_bib:20190301123442j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301123447j:plain

3.生地を用意します。

水通し済みの生地(ダブルガーゼ)30×30㎝を2枚。

スタイの中に挟むもの(ドミット芯) 30×30㎝を1枚。

初心者の方はこれよりも大きめに切り出すと作業がやりやすいです。

4.生地を中表に重ねます。(生地の表面同士を合わせて重ねます。)

 

f:id:Satsuki_bib:20190301123731j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301123734j:plain

 5.生地を定規を使って半分に折り、定規を抜いてからアイロンで折り目を押さえます。

6.型紙を置き、マチ針で固定しました。私はこのやり方が好きなんですが、普通は机の上で重しを置いて、型紙が動かないようにします。重しはスマホやハサミなどで代用可。ギザギザスタイの作り方が参考になります。

 

それでは布ペンを使って型紙の線を布へ移していきましょう。チャコペーパー&ルレットで写す場合はギザギザスタイの作り方を参考にしてください。

f:id:Satsuki_bib:20190301124236j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301124240j:plain

7.型紙の周囲を布ペンでなぞります。この布ペンはDAISO製、水で消えるペンです。これで縫い代込みの線(外側の線)が移りました。

8.次に出来上がり線(内側の線)を写すため、型紙の縫い代部分を切り取ります。直線部分をのぞく、周囲1㎝ですね~。

 

f:id:Satsuki_bib:20190301124456j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301124459j:plain

9.さっきひいた線の真ん中に型紙を持ってきて固定し、布ペンでなぞります。これで線が移りました。この内側の線を後ほど縫っていくわけですね。

10.次はいよいよ裁断の工程に入ります。ドミット芯を半分に折ります

 

生地を切ります。

※まとめて切るやり方です。お手持ちのハサミの切れ味に自信がある場合は同じように切ってみてください。初心者さんは生地とドミット芯を分けて切ってください!ドミット芯は縫い代込みの線だけ写したので大丈夫です。

 

f:id:Satsuki_bib:20190301124659j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301124704j:plain

11.山折りになったところをそろえて重ねます。ここはいい加減でなく、きっちり重ねてください。

12.ズレないよう固定します。

 

f:id:Satsuki_bib:20190301124936j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301124942j:plain

13.生地を切ります。一続きに切らず、1辺ごとに切ると、生地がズレにくいです。ハサミが体の正面に来るように自分が動きながら切るとうまく切れます。(もしくはマットの上で作業をしてマットを回転させるか。)生地4重+ドミット芯2重でなんとかギリギリ切れる厚み感でした。

14.こんな感じで切り終えました。

ちなみに私が使ったハサミはこちら。文句なしの切れ味。

切ったパーツをすべて重ねて縫います。

f:id:Satsuki_bib:20190301195406j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301195410j:plain

15.2つ折りにしていたのを開きます。

16.片側に出来上がり線がないので、書き加えます。

f:id:Satsuki_bib:20190301195608j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301195611j:plain

17.現在、生地2枚が中表に重なっていて、その下にドミット芯が重なっている状態です。ドミット芯に近い側の生地が表面になります。マチ針で留めていきます。内側から外側向けて刺します。(参考:スタイの表裏の見分け方 - さつきスタイ

18.大雑把にとめて、間を埋める感じでマチ針を留めました。

まち針は、直角に刺して、少しだけ布をすくうようにして留めます。

 

f:id:Satsuki_bib:20190301212356j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301200247j:plain

19.できあがり線のところを縫います。首回りの中心のところを4、5cm程度開けておいてください。(「返し口」と言います。)縫い始めと縫い終わりは返し縫いをして、頑丈に作っておきましょう。この後ひっくり返すときに力がかかるので。

20.こんな感じで縫えましたね?マチ針は縫いながら外していきました。

 

切込みを入れます。

f:id:Satsuki_bib:20190301200643j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301200646j:plain

21.余分な縫い代を切り落とします。写真の青い線の部分を切ります。縫ったところを切らないように、でもなるべく近くを切ります。1mmくらい手前ですかね。

22.こんな感じです。後でひっくり返すときに縫い代が内側を向くので、中でもたつかないようにするためです。

 

f:id:Satsuki_bib:20190301200820j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301200824j:plain

23.21の写真のピンクの線のところに切込みを入れていきます。外側は2.5㎝程の間隔で。内側のカーブは1.5㎝程の間隔で切りました。こちらも縫ったところを切らないように気をつけてください。

24.そしてアイロンで縫い代を割ります。(布と布の間の縫い目をアイロンで押さえて縫い代を左右に開きます。)綺麗にひっくり返すコツです。

 

ひっくり返します。

ひっくり返し方その1 普通のひっくり返し方
f:id:Satsuki_bib:20190301201332j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301201335j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301201338j:plain

25.今、表面が中に、裏面が外側にきていますね?返し口から指を入れて裏と表をひっくり返します。返し口を開いて・・・

26.地道に生地を返し口から出していきます。指で押したり・・・

27.つまんでひっぱったり・・・

f:id:Satsuki_bib:20190301202443j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301202447j:plain

28.スタイの半分が返し口から完全に出たら、

29.指をつっこんでスタイの直線部分をひっぱる感じで形を出していきます。

 

ひっくり返し方その2 時短ver
f:id:Satsuki_bib:20190301201934j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301201938j:plain

28.スタイの角の部分を返し口まで一気にもってきて、

29.ずるずると引っ張ればあっという間。

 

f:id:Satsuki_bib:20190301202724j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301202728j:plain

30.指でひっくり返すだけだとこれくらいが限界かな。

31.もっとしっかり形を出したいので、返し口から尖った(でも先は丸い)ものを入れて、中からつつきます。私はハサミを使いました。返し口から入れて・・・

 

f:id:Satsuki_bib:20190301203354j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301203358j:plain

32.ツンツン。ツンツン。

33.はいっ、OK!

 

仕上げに入ります。

f:id:Satsuki_bib:20190301203530j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301203736j:plain

34.アイロンをあてて、形をピシッとさせます。

35.返し口が開いたままになっているので、手縫いで閉じます。コの字縫いです。

 

コの字縫いのやり方
f:id:Satsuki_bib:20190301204047j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301204052j:plain

36.こんな感じ。

37.1枚の生地の折り目の下ちょうど進んで、最短距離でもう1枚の生地に移動する。のを繰り返す感じ。

 

玉止めの隠し方
f:id:Satsuki_bib:20190301203820j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301203825j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301203816j:plain

38.縫い終えたら、玉止めで糸を留めますね。玉止め、気になりません?そういうときは・・・

39.糸を切る前に、手縫いした返し口の隙間部分に針先を入れて、適当なところから針を引き抜くと・・・

40.はい!玉止めが返し口の中に入りました!そして糸を切る。これで玉止めが隠れましたね~。

 

f:id:Satsuki_bib:20190301204743j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301204746j:plain
f:id:Satsuki_bib:20190301205214j:plain

41.スナップボタンを用意します。プラスナップだとこんな道具です。金属スナップだったら100均で買えるし針と糸があれば付けれるのでオススメ。金属アレルギーでなければ全く使用に問題ありません。マジックテープもOK。

参考記事:プラスナップ卓上プレスの感想|これは買うべき! - さつきスタイ

42.型紙に書いてあるように、このような位置につけます。

43.定規をつかって位置を決めます。

スナップボタンの位置はお好みで大丈夫です。スナップボタンを2カ所でとめるデザインですが、首側の1カ所だけでも使えます。肩の上げ下ろしのことを考えると、むしろ首側1カ所の方が使いやすいかもしれません。

 

完成です!おめでとうございます!

f:id:Satsuki_bib:20190301220522j:plain

くるくるとスタイが回っても気にならない、ドーナツスタイの完成です!

 

 

【亜種】

画像クリックで各ページに移動できます。

 

 f:id:Satsuki_bib:20190402050128j:plain f:id:Satsuki_bib:20190402050133j:plain f:id:Satsuki_bib:20190402051214j:plain 

f:id:Satsuki_bib:20190402184910j:plain f:id:Satsuki_bib:20190402184914j:plain f:id:Satsuki_bib:20190402051218j:plain f:id:Satsuki_bib:20190402051221j:plain 

 

 

 

分からなかったところなどお気軽にコメントください。私にとっても勉強になるのでぜひ! あと、ドーナツスタイって実は使ったことがなくて(エッ)、試着はさせてるけれど、ヨダレだらだらの時期には使ったことないんですよねぇ。なので、使用感とかも教えていただけるとありがたいです。2人目ができたら実際に使ってみて、また型紙など改良すると思います。

 

 

リニューアルしたら知りたいよという方はTwitterのフォローをお願いします。スタイとコミックエッセイのアカウントです。¥

   持ってる刺繍本→