さつきスタイ

赤ちゃんのスタイの型紙と作り方を無料で公開しています。手作りしよう!おしゃれで個性的なスタイ!

バスタオルをリメイクして4倍エコな台拭き作ってみた

f:id:Satsuki_bib:20181223224908j:plain

 

今日は

  1. バスタオルをリメイクして台拭きにする方法
  2. 一番早くて綺麗なバイアステープの付け方は?
  3. 私の作った台拭きが4倍エコな理由

の3本でお送りします。うふふふふふふ。

 

 

  

そうだ、バスタオルをリメイクしよう

f:id:Satsuki_bib:20181223230145j:plain

 

うちは家族にランナーがいるので、定期的にマラソンタオルが家にやってくる環境なんですね。その度に「どのタオルを捨てるか問題」もやってきます。

 

今回ターゲットになったのは白のバスタオル1枚。過去におしゃれなお家に憧れてタオルを白で統一したんですが、だんだん黒ずんいくしゴワゴワだし、なんか汚い感じになっちゃったんですよねぇ。

 

まだ使おうと思えば使えるバスタオル、なんだか捨てるのはもったいない・・・。

普段は犬用タオルにしたり、適当に切って使い捨て雑巾にしているのですが、今回はちょうど台拭きも古くなっていたので台拭きにリメイクしてみることにしました。

バイアステープの練習もしたかったんだよね!

 

 

作り方

f:id:Satsuki_bib:20181223223644j:plain

  1. バイアステープの幅で隠れないバスタオルの固い耳の部分を切り落とす。
  2. バスタオルを半分に折って、半分に折って、を繰り返し、台拭きとして使いやすいサイズにカットする。約28*28㎝が8枚取れました。
  3. そのままだとポロポロとクズが出てしまうので端処理をします。バイアステープを用意して縫い付ける。はい、完成。

 

 

正直、時間かかるから台拭きは買った方が早いけど

お気に入りのタオルだったらやる価値あるよね~。

それと直線と直角が4つずつあるんで、バイアステープつける練習にももってこいです。

 

ロックミシンで端処理する手もあるんだけど、キッチンに置くなら可愛くないと使い続ける気にならないじゃない。

 

 

一番早くて綺麗なバイアステープの付け方

f:id:Satsuki_bib:20181223223237j:plain

ここで問題です。

28*28㎝の四角にバイアステープをつけるのに何分かかるでしょうか?

1辺縫うのに1分、直角処理に1分ずつかかるとして、8分くらい?

ブー!答えは20分でした(涙)普通にいつも通りの縫い方だとね。

8枚縫うのに2時間半以上かかるじゃん!?タオル捨てて新品の台拭き買った方が良くない?

 

手芸する人にとって、作品を作る速度を早めることは大きな課題かと思います。

そこで、バイアステープは色々な付け方がありますが、どれが一番早くて綺麗かを8枚のタオルで実践して独自に調べてみました。

 

 

いつもの付け方

タイムは20分

バイアステープの片側を縫って、1辺縫ってとめて、角つくって、また1辺縫って・・・。と4回糸を切るのが大変。その後タオルをくるみ、マチ針をとめて、表側からダダダーっと縫う。マチ針を減らしたり縫い終わりの処理方法を変えたりしても1分しか縮まらず。

 

最も早かったが汚かった方法

タイムは7分半!

バイアステープを完成形に挟み、マチ針なしで、一気に縫うというもの。見せられないほど酷い裏側だ!

 

そこまで綺麗ではないが割と早かった方法

タイムは9分

四隅のクオリティーを下げることで叩きだしたタイムです。いうても家で使う分には気にならないクオリティーかも?

バイアステープを完成形に挟んで一気に縫うやり方で、まず平行な2辺を直線縫いして、後の2辺を端っこを折りこんで縫う。マチ針はなし。

 

めちゃくちゃ遅い上に汚かった方法

タイムは19分

こちらも上2つと同じでバイアステープを完成形に挟んで、一気に縫うやり方。

どうして+10分もかかったって、マチ針をとめたからなんですね~。

マチ針をとめると、外す手間がもれなくセットでついてくるんです。

しかもマチ針とめたのに針が落ちてしまうという悲しい結末。

 

最も綺麗で時間もまぁまぁな一番オススメな方法

タイムは13分

一気に縫うのは諦めました。普段のやり方を7分縮めました。これで3枚縫ってみたんだけど安定して綺麗です。

いつも通りの縫い方の「バイアステープの片側を1辺縫ってとめて、角つくって、また1辺縫ってとめて・・・」と4回糸を切るのが大変なんですが、

  1. 縫い始めと縫い終わりをタオルの角に持ってくる
  2. マチ針を使わない
  3. 最初に縫った側と反対側の面から縫う

以上3点の工夫を入れることで早く綺麗に作ることができました。

(3つ目について。最初に表側にバイアステープを縫ったら最後に裏側から縫うことになるけど、最初に裏側から縫えば最後に表側から縫うことになるんで、最初裏側に縫いつけるとよろしい。)

 

 

こちら様のブログを見ればよく分かるぞ。
d.hatena.ne.jp

 

まとめるとこんな感じ!

f:id:Satsuki_bib:20181224011639j:plain

 

今回はやってないけど、最も丁寧で綺麗なやり方は表ミシン・裏手縫いだ!間違いない!でもめちゃくちゃ遅いはず!本気作品のときは手縫いだね。

 

 

私の作った台拭きが4倍エコな理由

f:id:Satsuki_bib:20181223235201j:plain

ただタオルを台拭きにしただけじゃ1ecoポイント。

私の台拭きは4ecoポイントだ!!

 

秘密はバイアステープにあります。

 

バイアステープはワンピースをリメイクしたものなんです。←1ecoポイントGET!

しかもこのワンピ、1回裾を切ってトップスとして着てたんですよ。←1ecoポイントGET!

さらにこのワンピね、おさがりなんですよ。←1ecoポイントGET!

ということでリメイク前から3ecoポイント獲得してたわけです。これが4倍エコな台拭きのからくりでした~w

 

バイアステープは(伸びやすいように)生地の繊維方向のナナメ45度で切って作るんですが、四角のタオルに使う分には伸びる必要がないので、服のチェックに沿って切っています。定規で幅を確認したらあとは定規なしでチェック模様を見ながら切りました。簡単~。

 

服の腹回りの長さが台拭きをくるむのに丁度いい長さなので、いらない服があったら再利用してみてね。

 

 

【最後におまけ】

バイアステープつけに自信が持てるようになったら、このスタイ作りにチャレンジだ!

www.satsuki-bib.com

 

今回はイレギュラーで台拭き作りの話だったけど、スタイの型紙・作り方がメインのブログなんだよ!!

 

 

   持ってる刺繍本→