さつきスタイ

赤ちゃんのスタイの型紙と作り方を無料で公開しています。手作りしよう!おしゃれで個性的なスタイ!

DAISO製アイロン転写ラバーシート使ってみた!|ポケット猫スタイ

f:id:Satsuki_bib:20181009171941j:plain

 

DAISOさんで「アイロン転写ラバーシート」を発見しました。

f:id:Satsuki_bib:20181004221840j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221758j:plain

今回購入したのは「猫」と「サブカルコレクション」です。他にも種類がありました。


気になるのは以下3点です。

①ダブルガーゼに貼れるのか?

②安物のアイロンでも大丈夫か?

③洗濯しても剥がれないか?

  

 

 

【着用イメージ】

f:id:Satsuki_bib:20181009172037j:plain

フリーサイズです。1歳11ヵ月大きめの子がつけてこんな感じ。

 

 

【型紙】

こちらの型紙を使用しました。

www.satsuki-bib.com

  


【作り方】

f:id:Satsuki_bib:20181004221845j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221848j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221842j:plain

1.ポケットに入っている猫を切り取ります。大まかに切ればいいので簡単です。

2.型紙を印刷します。中心線と縫い代込みの線をぐるりと切ります。猫をこんな感じで配置しよう!とイメトレしておきます。

3.「アイロン転写ラバーシート」の使い方です。裏面に載っています。

f:id:Satsuki_bib:20181004221851j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221854j:plain

4.生地を2枚・ドミット芯を1枚、完成形より一回り大きめに切り出しておいてください。生地を中心線のところで縦半分に折ります。型紙の中心線を折り目に重ねます。生地は柄物のダブルガーゼを選びました。(無地より柄物の方が強い気がして。)

5.ロータリーカッターを使って布を裁断します。ない場合はハサミを使用してください。急に切るのは怖い!という方は一度布ペンで線を引いてから切ると良いです。

f:id:Satsuki_bib:20181004221750j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221753j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221801j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221804j:plain

6.生地を中表に2枚重ねてドミット芯の上に置きます。

7.マチ針を留めます。

8.端1㎝のところをぐるりと縫う。(9.返し口を5cm程度開けておいてください。)(私はミシンの目盛りを使って端1㎝のところを縫いました。目盛りがない場合は自分で測ってテープを貼ると目印になります。ステッチ定規・マグネット定規という便利グッズもあります。)

f:id:Satsuki_bib:20181004221807j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221810j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221816j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221819j:plain

8.カーブのところの縫い代に切り込みを入れます。縫ったところを切らないように注意してくださいね。(1㎜程度離す。)そしてアイロンで縫い代を割ります。(布と布の間の縫い目をアイロンで押さえて縫い代を左右に開きます。)綺麗にひっくり返すコツです。

9.返し口からひっくり返します。近場からひっくり返していきます。

10.尖ったもので中からつっついてギザギザ部分の形を出していきます。(お箸が良さげ)(私はボールペンのペンを出してない状態のペン先を使用)こんな感じになりました。

11.アイロンをして落ち着かせます。返し口をマチ針で仮止めして、コの字縫いで閉じます。こんなサイズのスタイができました。

 

貼ります!
f:id:Satsuki_bib:20181004221821j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221825j:plain

12.貼りたい場所に猫を配置します。※いい感じに見えますが、子供が下を向くと猫の顔が見えにくくなってしまうんですね~。もう少し下に配置すればいいのですがそれだとバランスが悪くなるので型紙を長く改造すると良いかと思います。そもそもメインの部分(猫の顔)が上の方にあるデザインなのが敗因。

13.ちょうど余った同布があったのであて布にしました。あて布は綿100%のを使ってくださいとのこと。アイロンの「強」「ドライ」で10秒ぎゅ~と押さえます。

f:id:Satsuki_bib:20181004221828j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221831j:plain

14.熱いうちにはがします。熱いけど普通に触れます。あ!?シートに柄が残ってる!布についてない!やばい!ということで慌ててシートを戻し、もう1度あて布をしてアイロンで10秒プレスしました。やはり安物のアイロンは温度が低いようです。が、時間を伸ばせばきちんと付けることができました。

15.シートを全てはがします。綺麗に貼ることができました。念のためあて布をしてもう一度押さえておきました。アイロンの凹み跡が気になりますね。全体的にアイロンをあてることにします。

f:id:Satsuki_bib:20181004221833j:plain
f:id:Satsuki_bib:20181004221836j:plain

16.スナップボタンをつけるところ近くにも肉球を貼ってみました。小さいパーツも簡単に貼れました。全部貼りたくなるくらい面白いです。全面にアイロンをあてたのでペチャンコになりました。

17.最後にスナップボタンをつけます。完成です。

 

 

結局使えるの?

良いと思います!文字を貼るときは1文字でも欠けるとばれちゃうので慎重に。

ダブルガーゼ・安物アイロンでも大丈夫でしたね。

f:id:Satsuki_bib:20181011024635j:plain

↑安物、安物、言われているうちのアイロン。貰い物なので本当に安いのかは不明だ。スタイ作りにおいては不満はない。

 

 

洗濯機で回してみた・・・

 洗濯機で他の洗濯物と一緒に回して、普通に自然乾燥させた状態です。洗濯機にも耐えれました!

f:id:Satsuki_bib:20181011024632j:plain

 

 

【生地】 

インディゴ

   持ってる刺繍本→